toggle
よろしおす 京都 宇治 の工務店・一戸建て・注文住宅なら ほりうち建築工房 フリーダイヤル 0120-0774-24 へお気軽に!
2016-04-19

Vol.15 大工と石工は他と違う?

■大工と石工は他と違う?

大工と石工が他の職人と違うって?われわれ技能者は、どの職業であっても
「職人」と呼ばれるものです。プロフェッショナルな技と知識をもった上に、
人格者である技能者のみが本当の職人です。
何も大工と石工がそうという事ではありません。
「大工」・「石工」。
そう!この職業だけが、「工」の字を「く」と読まれる職人です。

なぜ??
私が推測するに、大工と石工だけは何も無い所(更地)に建築物を作り上げる
事が出来る職人なのです。
彼ら以外の職業は全て、大工なり石工が作った建築物に何かを取り付けたり、
色をつけて仕上げたり。
そのような仕事の職人の「工」の字は、「こう」と呼ばれるのです。

例:左官工(さかんこう)、鳶工(とびこう)、電気工(でんきこう)などなど

■棟梁

「棟梁」という言葉。私の憧れです。かっこいい響きです。現場を仕切る親方の呼び名です。
この呼称もまた「大工」と「石工」にしか使いません。
ちなみに「鳶」の親方は「頭」と呼ばれます。「大工の頭」などという言葉は存在しません。
また逆に、「鳶の棟梁」とも言いません。
テレビ等(ドラマの台詞や、時にはアナウンサーまで)で間違った使われ方をされている事が多々有りますが、お笑いです。
そういえば、忍びの親分も「棟梁」と言いますね。すばらしい技を持ち、
多くの子分を従える事が出来る人格者でしょうから、その呼び名も頷けます。

最近流行のテレビ番組で設計者が「匠」などと持て囃されておりますが、それも間違い。
「匠」という敬称は技を極めた「職人の中の職人」に与えられるものです。
彼らはせいぜい「デザイナー」でしょう。

ここ近年、現場で「棟梁」「頭」と呼び合うことは少なくなりました。
その代わりに、「社長」とか「監督」(現場監督の略)という言葉が多いように感じます。
私は到底、まだまだ「棟梁」は程遠いとは思いますが、現場で「監督さーん」と呼ばれると、がっくり。

成長して「棟梁」と呼ばれるようになりたいものです。

関連記事